資料ダウンロード|セミナーレポート:せん妄対策を環境とリハビリテーションから考える

 2014年2月、第41回日本集中治療医学会学術集会にて、「せん妄対策を環境とリハビリテーションから考える―いまのICUはケアの進化に対応していますか?」をテーマに教育セミナーを開催しました。鎮静とせん妄の関係、早期リハビリテーション、ICUの環境改善などについて、医師、看護師の立場からご提言いただきました。

座長:福家 伸夫先生  帝京大学ちば総合医療センター救急集中治療センター 教授(当時)

1)医師の立場から
「せん妄対策としてできる光・音・睡眠環境を考える」 
  鶴田 良介先生 山口大学医学部附属病院先進救急医療センター 教授(当時)


2)看護師の立場から 「せん妄対策を鎮静管理、環境とICU患者の日常生活援助から考える」  卯野木 健先生 筑波大学附属病院集中治療室 看護師長(当時)


すべての資料は無料でダウンロードいただけます。
フォームに必要事項をご記⼊の上、ダウンロードをお願いいたします。

※プライバシーの保護のため、ご⼊⼒いただいた内容はSSL暗号化通信により保護されています。