医療従事者の確認

この先は、医療従事者の方を対象とした情報を提供しております。
大変申し訳ございませんが、医療従事者の方以外はご遠慮ください。

あなたは医療従事者ですか?

Harashima-sensei_3.jpg

ウェルウォーク商品ページを先にご確認ください。
トヨタ「ウェルウォーク WW-1000」の運用事例

医療法人財団 健貢会 総合東京病院 
南東北グループ首都圏リハビリテーション部門 ゼネラルマネージャー
兼 リハビリテーション科 科長
原島宏明 氏

リハビリテーション

脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援のために開発されたロボット「ウェルウォーク WW-1000」。これが現場に導入されたことで、患者さんや理学療法士の皆さんにはどのような効果がもたらされたのでしょうか。
「ウェルウォーク WW-1000」をはじめ多数の訓練支援ロボットを導入・活用している総合東京病院(東京都中野区)リハビリテーション科の原島宏明科長にお話を伺いました。

ロボットは患者さんのモチベーションをかき立てる

――「ウェルウォーク」をリハビリテーションに導入して、患者さんの反応はいかがでしょうか。

当院では、回復期リハビリテーション病棟を含むB棟が2017年4月に新規オープンしたタイミングで、訓練支援ロボットを多数導入しました。以前から「日本の素晴らしいテクノロジーをもっと医療分野でも活用できないだろうか」という考えは持っていたのですが、ロボットを導入するにはそれなりの予算を確保しなければなりませんし、サイズや重量が大きいものを入れるには適切な広さと構造を備えたスペースが必要です。幸運なことに、これらのハードルを病棟の新規オープンというタイミングをとらえてクリアできたことで、新たなチャレンジの機会に恵まれたというわけです。


私が理学療法士になった当時は、機械といっても低周波治療器とホットパックがあったくらい。多くリハビリテーション室では、今でもほとんど変わらないのではないでしょうか。そうした世界で、まさかロボットのような最新機器を扱うことになるとは夢にも思ってみませんでした。しかし、これから労働人口が減少していく日本において、リハビリテーションを含む医療分野でロボットに活躍してもらうことは必然だといえます。とはいえ、先に言ったように導入までのハードルが高いため、様子見をしている施設も多いのではないでしょうか。


そうした状況の中で、あえて積極的に先行投資に踏み切ることで、リハビリテーションを当院の強みの一つとし、差別化を図ることができるという狙いもあったことは確かだと思います。日本ならではの「心がこもった丁寧なケア」と「最新技術を搭載したロボット」の融合が実現できれば、国内どころか世界にもアピールできる強みとなります。


これから高齢化が進む諸外国へ進出したり、メディカルツーリズムで来日する外国人の患者さんを取り込んだりすることで、われわれ理学療法士の活躍の幅がさらに広がっていくことも考えられますね。患者さんたちも、「ウェルウォーク」には興味津々な様子です。リハビリテーションの世界ではほとんどお目にかからない、大柄なフォルムをしていますしね。リハビリテーション室で現物を目にして「私もあれをやってみたいです」と乗り気になる患者さんも少なくありません。「ロボットのリハビリテーションを行うために頑張る」というかたちで、患者さんのモチベーションになるケースもあるほどです。

患者さんとしても、実際の効果を実感する以前に、「何か新しいことを試してみたい」というワクワクした気持ちがあるのだと思います。そうした気持ちがあること自体、リハビリテーションに前向きな効果をもたらすはずです。理学療法士からも「あのロボットを使ってリハビリして、もっとできることを増やしませんか。」とプラスの声かけをしやすくなりました。 また、他院から転院してくる患者さんが増えたことも、目に見える変化の一つだと思います。今の時代は、患者さんやご家族がインターネットで調べ、どこの病院にかかるべきかを入念に比較検討してからやって来られます。当病棟が最新のロボットを活用しているという点は、病院選択の上で重要な判断材料の一つとなっているようですね。

もちろん、ただロボットを導入したからではなく、それを使いこなしてリハビリテーションの効果を挙げる確かな腕を持ったスタッフがいるという点が認められたからこそだと、私は信じていますが。

Harashima-sensei_2.jpg


多彩なフィードバック機能で歩行状態を「見える化」

――「ウェルウォーク」をリハビリテーションに取り入れてみて、どのようなメリットを感じていますか。

患者さんへの装着が簡単なこと、タッチパネルによる一括操作ができることなども特徴的ですが、何より患者さんの歩行状態を目に見えるかたちでフィードバックしてくれる点が最大のメリットだと思います。いわば、歩行状態の「見える化」ですね。
例えば「もっと右足に体重を乗せてください」と言葉で伝えるだけの指導ではどうしてもあいまいな部分が残され、患者さんにとっても必ずしも分かりやすいものではありません。一方で、「ウェルウォーク」では多彩なフィードバック機能が用意されていて、患者さんが目にするモニタでは自分の姿勢や足部接地位置が確認できますし、治療者用モニタでは麻痺側荷重量、麻痺側荷重分布、足圧中心軌跡、膝屈曲角度が確認できます。また、適切な体重のかけ方ができていればピンポンと音が鳴るといった音声によるフィードバックもあり、患者さんのリハビリテーションに対する意欲も高まっていると思います。
理学療法士としても、このようなフィードバックは大変ありがたいことです。これまで「職人としての勘」に頼っていた部分を視覚化・数値化してとらえられることで、より正確かつ適切なケアに近づけられますし、理学療法士自身の成長にもつなげやすいですから。
もう少し具体的に言うと、「ウェルウォーク」の上で歩行したときは、「どちらの足にどれくらいの荷重がかかっているか」ということが患者さんからも理学療法士からも視覚的に把握できます。しかも、リアルタイムで。従来は、理学療法士が「もっと体重を乗せて」とリクエストするとき、どれくらい「もっと」なのか患者さんに正確に伝えることは難しかったわけです。しかし、「ウェルウォーク」であれば数値をもとにリクエストすることができる。「歩幅をもっと広くして」というリクエストをするときも、映像をもとに具体的なやりとりができますね。
また、「これくらいであれば正しい歩行になっている」という評価も、従来は理学療法士の「勘」に頼る部分があったわけです。しかし、「ウェルウォーク」を使うことで数値に基づいた評価が可能になります。


――アウトカムを数値として示すことで、リハビリテーションの効果を測れたり、患者さんのモチベーションを引き出せたりすることもありそうですね。

そうだと思います。ただ、リハビリテーションの目標は「長い距離を歩けるようにする」ということもありますが、それだけでもないわけです。例えば、「身の回りのことが自分でできるようになる」「自宅と病院を行き来できるようになる」というところまで到達すれば、本人やご家族の生活はがらりと一変します。それを可能にする体力を付けることが、ある意味でリハビリテーションの最終目標なのですが、そうした複雑な動作のリハビリテーションまで、いつかロボットがサポートしてくれたらと夢想しています。
アウトカムを数値で示すということに関して言えば、「ウェルウォーク」のようなロボットを使うことで、客観的なデータが蓄積されていくことは大きなメリットです。
また、個々の理学療法士の技量をチェックしたり、より良い介入の方法を考えたりするための材料になるかもしれません。施設の垣根を越えてデータを持ち寄り、互いに勉強することもできそうですね。

Harashima-sensei_3.jpg


長く働きやすい環境づくりにもつながった

――「ウェルウォーク」により女性が働きやすくなったという声も聞かれたそうですが、どういうことでしょうか。

そのことも「ウェルウォーク」導入に伴う変化として印象的だったのですが、ロボットの力を借りることで理学療法士の身体的な負担軽減が図れ、女性の理学療法士が働きやすくなったということですね。当病棟は珍しいくらいに女性の理学療法士が多いため、とてもありがたいことだと思っています。
従来は、女性や小柄な人を中心に、身体的な限界を感じてリハビリテーション職から離れてしまうケースが少なくありませんでした。特に出産を経た女性は、育児のためにフルタイム勤務することが難しい社会だったということもありますが、相手の身体を支えたり動かしたりすることが大変になって仕事を続けられないということがありました。日本人の体型もだんだんと大型化してきて、リハビリテーションは重労働ですからね。
しかし、ロボットの導入により、体格差の大きい患者さんが相手でも無理なくケアができるようになりました。実際、当病棟でも「妊娠中や産後でも不安なく現場に立てる」と、仕事を続けているスタッフがたくさんいます。女性は男性と違って発信力の高い人が多いですから、「ウェルウォークはいいよ」というクチコミが界隈に広まっているらしいです。



――ロボットの力を活用しながら理学療法士の皆さんがいきいきと働いている貴院で自分も働いてみたい。そういう声はますます多くなりそうですね。

確かに、「ウェルウォーク」を導入したことにより、スタッフのリクルーティングの側面でもプラスの影響があったように感じています。私はスタッフの採用にも携わっているのですが、最近は「ロボットを生かしたケアに挑戦してみたい」と書かれている履歴書が目立つようになりました。新たなことに挑戦したいと考えている、若く意欲的な理学療法士が集まりやすくなったというのは、副次的ではありますが大きな効果だと思います。

Harashima-sensei_3.jpg




※お客様の使用経験に基づく記載です。

リハビリテーションに関するダウンロード資料

お客様情報をご入力いただくと、各種資料がダウンロードいただけます。

無料でダウンロード

リハビリテーションの新着記事