ポジショニングピローの選び方と運用事例ーー「バナナフィット」を使った床ずれ防止

2020.01.06

  • 床ずれケア
#製品活用事例 #オピニオンリーダーインタビュー
日本赤十字社医療センター
日本赤十字社医療センター 皮膚・排泄ケア認定看護師 佐々木 貴代様

日本赤十字社医療センター 皮膚・排泄ケア認定看護師

佐々木 貴代様

日本赤十字社医療センター 皮膚・排泄ケア認定看護師 佐々木 貴代 様に褥瘡予防としてご活用されているパラマウントベッド商品「バナナフィット」の導入されたきっかけや、活用事例を伺いました。

赤十字精神である人道・博愛を体現する病院

日本赤十字社医療センターは、1886年に設立された博愛社病院(翌年、日本赤十字社病院と改称)を母体とし、1891年にこの地に移転、1941年に日本赤十字社中央病院と改称しました。
1972年には、1922年開設の日本赤十字社産院を統合して日本赤十字社医療センターとなり、2010年に現在の新病院を落成して今日に至ります。
当センターは41の診療科を揃え、東京都渋谷区を中心とする二次医療圏区西南部の中核病院として機能しています。特に重点項目としているのは、小児・周産期医療、がん診療、救命救急、災害救護の4つです。地域の中核病院というだけでなく、日本初の赤十字病院として、赤十字精神である人道・博愛を体現し、高度かつ安全な医療を通して、皆様のより健やかな生活を支援したいと考えています。
また、教育という点では、創立以来125年もの間、日本赤十字看護大学とともに歩みを進め、主に実習場として看護学生の学びの場を提供してきました。日本赤十字社助産師学校をはじめとする助産学生、高度な専門技術を身につけようとする認定看護師、専門看護師の実習なども受け入れ、未来の看護を担う人材の育成にも力を注いでいます。

日赤医療C外観.
日本赤十字社医療センター外観

ポジショニングピロー再選定プロジェクトが発足

当院では、長細いスネークタイプのポジショニングピローを使用していました。私達褥瘡対策委員のメンバーは、様々なポジションを取ることが可能で、応用性が高いスネークタイプは大変便利なものだと考えていました。しかし、病棟の看護師や看護助手に聞くと「使い方が分からない」「十分に使いこなせていない」という評価が多数でした。
さらに、感染対策の視点から、消毒液での清拭が可能な防水カバーを装着していましたが、滑りが悪く、生地の張りが強いため「ポジショニングがしにくい」「カバーの交換が大変」という声も上がっていました。
ポジショニングピローがあっても、使われなければ意味をなさないため、皮膚・排泄ケア認定看護師、褥瘡対策委員のメンバーに、有志数名を加えた「ポジショニングピロー再選定プロジェクト(以下、プロジェクトとする。)」を発足させて、当院の用途や目的に合致した製品を選定するのはもちろんのこと、院内の全ての看護師、看護助手が使いこなせることをゴールとした教育についても実施していくことにしました。

スネーク型クッション

15項目の視点で製品選定

最初にプロジェクトが行ったのは、全床調査の結果を基にして、当院に必要なポジショニングピローの数量の算出でした。
全床調査とは、毎年2月の第1水曜日に実施している全入院患者さんを対象とした褥瘡のリスクアセスメントです。成人は日本語版ブレーデンスケールを使用しますが、小児はブレーデンQスケール、新生児はNeonatal Skin Risk Assessment Scale、これに加えて在胎28週未満で出生した早産児は皮膚そのものの状態を評価するNeonatal Skin Condition Scoreを追加するなど、患者さんの特性に合わせて合計4種類のスケールを活用しています。
直近の調査結果は以下のようになりました。

グラフ1_ある年の全床調査結果_-_円棒

体位変換などポジショニングの援助が必要になる褥瘡発生危険度の重度、中等度の割合からベースとなるポジショニングピローの数量を決定しました。
また、病的骨突出、関節拘縮、円背といった体型的特徴に対応が可能なポジショニングピローの数量も検討しました。

ポジショニングピローを再選定しようとしたそもそものきっかけは、従来製品に対する病棟での評価が芳しくなかったことに端を発していました。
そこで今回は、臨床現場で使用して、褥瘡予防用具としての視点、寝具としての視点、合計15項目の視点で、当時使用中の製品と比較しながら点数付けすることで、評価を実施することにしました。

まずは国内メーカー4社、24製品をピックアップし、メーカーから各製品の説明を聞きました。プロジェクトメンバーによるディスカッションにより4社の4製品を絞り込み、7病棟で2週間ずつ使用しました。
評価方法としては、従来製品の評価を「5点」とした場合に、再選定候補の製品が何点になるか、70人以上の病棟看護師に点数を付けてもらいました。
※大変優れている:10点、大変劣っている:0点とした11段階評価、満点は10点×15項目=150点。

4製品に対する評価の結果は以下のようになりました。製品Aと製品Bは、寝具としての視点である「速乾性」「コスト削減」「汚染・感染防止」などの評価項目において、従来製品よりも低い評価がありました。また、15項目の合計点数の平均値も低くなっていました。
それに対して、パラマウントベッドさんの「バナナフィット」および製品Cは従来製品よりも劣っている評価項目がなく、15項目の合計点数の平均値も高かったため、この2種類の製品を、今後使用するポジショニングピローとして採用することにしました。

製品評価グラフ_合体版

プロジェクトメンバーによる評価は高かったが、臨床現場での評価は低かった製品、その逆の結果となった製品もあったことから、臨床現場で試用することが製品の最終決定には重要であると改めて感じました。
また、これらの評価は製品の完成度を示すものではなく、当院の臨床事情に即しているかどうかを示すものに過ぎないことは言うまでもありません。

バナナフィット

ポジショニングピロー定着に向けての教育

臨床現場での評価が高かった製品を採用することにしましたが、すぐに誰もが使えるようになる訳ではありません。導入した「バナナフィット」などの製品を定着させるために、様々な策を講じました。
まずは、各病棟の褥瘡対策担当者が集まるリーダーナース会(リンクナース会)で、皮膚・排泄ケア認定看護師が製品の説明を行いました。その後、リーダーナースが各病棟で伝達講習を実施することで、全ての看護師、看護助手に正しい使用方法を伝えました。
話を聴いただけでは、使用するイメージは頭の中に浮かびますが、それ以上使いこなすレベルまでには至らない場合がほとんどです。そこで、ポジショニングする側、される側、両方の立場を体験しながら学べるハンズオンセミナーを実施することにしました。

ポジショニングピロー定着に向けての教育

昨年度の「おむつ」をテーマに実施したハンズオンセミナーでは、参加人数が多く、体験する時間よりも、実演を見る時間の方が長くなってしまい、私達が期待する効果が得られなかったため、今年度からは1日6回のハンズオンセミナーを2日間、合計12回実施する方式に変更することで、全ての参加者が体験できるようにしました。

寝具業者に管理を委託して省スペース化と業務効率化を実現

従来製品は各病棟で管理していましたが、病棟の器材庫は小さいため、ポジショニングピローを使用する患者さんが少ない時期の保管に苦慮していました。また、患者さんが退院したときには、看護助手が消毒液で清拭をしていましたが、大きな負担となっていました。これら2つの課題が解決できるよう、ポジショニングピローの洗浄と管理を寝具業者さんに委託することにしました。

全数調査の結果から算出した最低限の数量を各病棟に配備し、残りは洗濯室で保管、管理してもらうことで、病棟の器材庫の省スペース化につながりました。また、定期シーツ交換や患者さが退院した際は、寝具業者さんが寝具と一緒に回収してくれるので、看護助手の業務の効率化にもつながりました。
寝具業者さんは感染対策を考慮して、高温の熱水で洗濯しますが、バナナフィットはそれほどへたらないので安心して使用できます。

寝具業者に管理を委託して省スペース化と業務効率化を実現

早見表

使用した医療スタッフの感想

使用した医療スタッフの感想

スタッフの感想①

バナナフィットのカバー表面には使用方法のイラストがプリントされているので、使い方が分からなくなったときも安心して使うことができます。イラストにある基本的な使い方だけではなく、「ここに入れると楽になった」といった臨床現場での経験から得られた応用的な使い方について、情報交換することもあります。また、病棟の備品は白いものが多く、冷たいイメージを持っていましたが、カバーの黄色によって部屋全体が明るくなりました。

スタッフの感想➁

患者さんを体位変換したときに、ポジショニングピローがふわふわして不安定だと、バイタルが変化してしまうことがあります。バナナフィットの素材は、患者さんへの身体へのフィット性が高く、しかも安定性にも優れているので、バイタル変化への不安を感じることなく使用できます。バナナフィットがとても快適だったのか、退院される患者さんに、どこで購入できるか聞かれたこともあります。

スタッフの感想➂

バナナフィットは患者さんの身体に沿いやすい湾曲形状なので、様々な病棟で、様々な体型の患者さんに、最大公約数的に使えるので重宝しています。

本インタビューでご紹介した『バナナフィット』の詳細は、こちらの画像(ページリンク)からご覧ください。

バナナフィット

パラマウントベッドの床ずれケア関連商品はこちら

FREE 無料

床ずれケアに関する
お役立ち資料ダウンロード

製品カタログや医療セミナーのレポートの無料のebookをご⽤意しております。ぜひご活⽤ください。

お役立ち資料

お役立ち資料

ケア方法がわかるガイドブック、セミナーレポート、製品カタログなどのお役立ち資料を無料でダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

PARAMOUNT BED

製品・サービス一覧

医療の現場でご使用いただく製品や、社会福祉施設、有料老人ホームなどの居住型施設、在宅などで介護される際にご使用いただく製品をご提案

製品・サービス一覧

床ずれケアのお役立ち資料ダウロードはこちら

PARAMOUNT BED

運営会社:パラマウントベッド