医療従事者の確認

この先は、医療従事者の方を対象とした情報を提供しております。
大変申し訳ございませんが、医療従事者の方以外はご遠慮ください。

あなたは医療従事者ですか?

商品・サービス
リハビリテーション用
足底圧センサー
Waltwin(ワルツイン)

リハビリテーション

患者さまの足底圧をタブレットPCにリアルタイム表示します。
Waltwinは患者さまのシューズにインソールタイプのセンサーを入れて使用、測定結果はタブレットPCに表示されるのでどこでもリアルタイムに足底圧を「見える化」できます。
患者さまへの具体的な説明や的確なアプローチを可能にして、リハビリテーションを効率的にサポートします。

01

Assessment
患者さまの状態を確認する

測定した足底圧をタブレットPCに7部位または4分割で表示。
COP(Center of Pressure)の動きをリアルタイムで「見える化」します。
またタブレットPCの内臓カメラで動画の記録も可能、足底圧データと同期させて再生できます。
スロー再生や一時停止で患者さまの状態を正確に把握できるので、課題の抽出や具体的な実施計画の策定に役立ちます。

02

Exercise
測定しながら歩行練習する

目視できない足底圧を、タブレットPCで確認しながらエクササイズが可能。
設定値以上の足底圧がかかると画面の色と音でお知らせします。
セラピストや患者さまは画面の色や音を確認しながら練習できます。
エクササイズの内容は患者さまごと、日付ごと、動作ごとに整理して保存され、前回との比較も簡単です。

03

Feedback
データに基づいて説明する

エクササイズ時の足底圧を画面で確認しながら、データに基づいた具体的なフィードバックが可能です。
患者さま自身も自分の足底圧の変化を見ることで、セラピストからの説明がより理解しやすくなります。
例えば、COPの軌跡を足底のイラスト上にグラフィカルに表示することで、歩き方を直感的に認識しやすいように配慮しています。

04

Conference
推移を共有して方針を検討する

患者さまのデータは、簡単に検索・確認ができるので今後のプランについて話し合う際にも便利です。
データはさまざまな形式で表示することやCSV形式での取り出しが可能で、患者さまの状態を分析するのに役立ちます。
また、多職種間での情報共有にも利用できます。

仕様

品名 リハビリ用足底圧センサーWaltwin(ワルツイン)
医療機器届出番号 12B1X10020000123
品番 AL-210
類別/分類/一般的名称 機械器具24 知覚検査又は運動機能検査用器具/一般医療機器/歩行分析計
電撃に対する保護の形式 内部電源機器
電撃に対する保護の程度 B形装着部
質量(g) 中継ボックス(固定ベルト・電池含む):225インソール(片側):35(S)、40(M)、45(L)
インソール適用足サイズ(cm) 21~23(S)、23.5~25.5(M)、26~28(L)
最大利用者体重(kg) 138
通信距離(m) 10
電源仕様(中継ユニット) 単4形アルカリ乾電池×2本(中継ユニット片側)連続動作時間 約6時間

※通信仕様、電気仕様などは各製品のモデルチェンジなどにより仕様変更となる場合があります。

(ワルツイン使用事例)
足底圧の可視化がリハビリテーションの現場を変える

みつわ台総合病院 リハビリテーション科
科長/理学療法士 金光寺康幸氏 インタビュー

インタビュー記事へ

リハビリテーションに関するダウンロード資料

お客様情報をご入力いただくと、各種資料がダウンロードいただけます。

無料でダウンロード

リハビリテーションの新着記事